髪をまとめて洗顔する笑顔の女性

あなたは毎日洗顔石鹸を使ってますか?

肌荒れしやすかったり、何かと肌トラブルに見舞われやすいと「ちゃんとケアしなきゃ」と念入りに洗顔していませんか?

洗顔の目的は1日ついた汚れ(酸化した皮脂や汗、ホコリ、メイクなど)を落とすことです。

ですが、朝起きた時の脂汚れ程度ならぬるま湯のみでも落ちます。
そして、1日の終わりには洗顔するべきですが、洗い過ぎが乾燥を悪化させ敏感肌の原因になっているかもしれませんよ。

几帳面で真面目にケアする方ほど注意すべき、洗顔で肌本来の健康を取り戻す方法や考え方をご紹介します。

おさらい!クレンジングと洗顔石鹸の役割の違い。

お風呂場にある洗顔石鹸の写真

クレンジングの目的は最小限の負担でメイクを浮かせ役割はメイクをしっかり落としやすくすることです。

メイクしたまま寝ると肌にかなりの負担を与えてしまい、色素沈着なども引き起こしてしまいます。
そのために使うのがクレンジングで、水や洗顔では落とせない油性のメイクを乳化させ落としやすくします。

一昔前のクレンジングはミネラルオイルが支流で油分が残るため、残ったヌルつきをダブル洗顔で洗い流していました。
しかし、最近ではダブル洗顔不要の無添加で肌に優しいクレンジングが手軽に購入できますので、敏感な肌への負担を減らすのに役立ちます。

肌荒れやトラブルを引き起こす原因の一つは「洗い過ぎ」

頬の肌荒れを気にする女性

化粧品にお金をかけているのに肌トラブルが起きる、、どうして?と不満を感じることありませんか?

ご存知の通り、肌に合わない成分や化学成分の刺激も原因の1つですが、実は洗い過ぎによってトラブルを引き起こしている可能性もあります。

1日に2回以上の洗顔や、必要以上に時間をかけて洗ったり、必要ないのにダブル洗顔しているというのは洗い過ぎになります。

本来肌にはバリア機能があるのですが、洗い過ぎにより皮脂を落としすぎてしまいバリア機能が壊れてしまい様々な肌トラブルを招いてしまいますので、洗い過ぎには十分注意しましょう。

「丁寧にケアしなきゃ」という人ほど肌を悪化させてるかも…

怪訝な表情でヒリヒリした顔を掻く女性

先ほども少し触れましたが、、丁寧にケアしなきゃと神経質になってしまう人のほうが肌の状態が悪い気がします。

その理由として
頻繁に洗顔してたり、時間をかけしっかりと汚れを落としていませんか?

これは寧ろ逆効果になっています。

少なからずクレンジングも洗顔も肌への負担になるものです。

それを本来ならば最小限に抑えなければならないのに、いくら低刺激でも頻繁に洗顔していては意味がありませんし、低刺激でも時間をかけていては肌の負担が増える一方です。

ですので丁寧にケアをするという概念を一度すてて、最小限の刺激を意識したほうがよいかもしれませんね。

Tゾーンや小鼻の周りが赤くなったり、ベタついたりするのも洗い過ぎが原因。

Tゾーンを虫眼鏡で拡大する女性の写真

バリア機能を作るためには皮脂が必要なのですが、この必要な皮脂を摂り過ぎてしまい、乾燥して過剰に皮脂が分泌してしまいベタついたりバリア機能の低下によって赤くなって炎症を起こしたりしまうため洗い過ぎてしまうのもよくありません。

ですので、余分な皮脂だけを落とすよう、洗浄力があまり強くないものを選んだり、洗顔の回数を減らすなどして改善する必要があります。

年齢に応じたスキンケアを!
30代を過ぎるとターンオーバーが遅れてくるから洗う回数を減らすのも肌のため

街路樹を歩きながら出勤する笑顔の30代女性

30代を過ぎたあたりからターンオーバーが遅くなってきます。

現在、40前後の方や50代を迎える年齢の方なら、
「肌ってこんなに乾燥するの!?」
と、5年前や10年前との違いにショックを受けている方もいらっしゃると思います。

肌が乾燥する原因は、うるおいとなる水分が減少するだけでなく、皮脂など脂分の分泌も減るので肌から水分が蒸発しやすくなります。

ですので、
ターンオーバーを整えてあげるため、洗う回数を減らすのも1つの方法です。

ターンオーバーが遅れてしまうとメラニンの排出がうまくできず、肌に残りシミになったり角質が剥がれ落ちにくくなりくすんだ肌になったりします。

「じゃぁ、早くすればいいの?」
「早くするにはどうしたら良いの?」 と思うかもしれませんが、それはそれでトラブルの原因にになります。

ターンオーバーが早くなる原因の一つは、洗顔のし過ぎなど外部からの刺激によるものです。

肌荒れがなかなか治らなかったり敏感肌になったりなどターンオーバーが早くなっているかもしされません。

これは先ほどもお伝えした通り、洗顔のし過ぎによる皮脂の奪い過ぎで、毎日しっかり洗い過ぎてると皮脂が足りなくなり、不足した分を補うためにどんどん皮脂の分泌が増えている状態です。

  • 洗顔したのにすぐに脂っぽい
  • 肌の所どころが赤い
  • 部分的にベタつきやすくメイクがよれやすい

皮脂が過剰に増えると、肌が負けて炎症を起こしてしまいます。
一度、皮脂が過剰分泌するサイクルに陥るとなかなか治りません。
洗顔の回数を減らす、マイルドな無添加の洗顔料で刺激や負担を減らし、皮脂の奪い過ぎを防ぐなど優しい洗顔に徹して根気よく皮脂バランスを整えてあげて徐々に戻ってきます。

敏感肌だとメイクも石鹸で落とした方が良いというけど…⇒古い認識かも

パソコンで通販する女性

日焼け止めや薄いメイクの場合、洗顔石鹸でも落とせないことありませんが、最近では無添加で肌のことを考えて作られた優しいクレンジングがネットでも選びきれないほどたくさんあります。

一昔前は、通販が支流ではありませんでしたし、近所のスーパーやドラッグストアで気軽に手に取れるものは、どれも安価で化学成分が配合された刺激の強いものでした。

その刺激の強いクレンジングを使うくらいなら、洗顔石鹸を使ったほうが敏感肌には優しいですよ。というのが、多くの美容系雑誌や書籍などでも共通していました。

しかし、最近では無添加で優しいのに良く落ちるクレンジングが増えてきています。

肌への負担も少なくターンオーバーを妨げることなく使用出来ますし、美容成分の効果を引き出し、美しい肌状態のサポートをしてくれますし、敏感肌でも安心して使えることができます。

敏感肌だからと、本来メイクを落とす目的で使うものではない洗顔石鹸で、落ちてるかどうか気にしながら洗顔するより、敏感肌でも安心して使えるクレンジングでスルン!っとサッパリした方が肌にとっても、精神的にも良いと言えると思います。

私の認識では、

「敏感肌ならクリームやミルク系のクレンジングが良い。」
→ゴシゴシ摩擦を和らげて、メイク浮きも優れているゲル・バームの方が使用感も優しい。

「敏感肌なら薄いメイクは石鹸で落とした方が良い。」
→無添加で自然由来の成分で落とすなら、クレンジングも十分優しい

化粧品も新しい技術だったり、日々進化していますから
古い情報、新しい情報の精査が必要かなと、様々なクレンジングや洗い方を試すようになって感じています。

スキンケアは〝与える成分”だけでなく、肌に触れる添加物を減らすことにも注目したい!

スキンケアでは与えることばかりを考えてしまいがちになりますよね。

与えるだけではなく「添加物を減らすこと」は、刺激や負担を減らす事にも繋がりますので大事です。

添加物が含まれていることによって、逆に肌の状態を悪化させてしまうことがあります。

もちろん、あなたもご存知かと思います。

ただ、添加物を減らす合成成分を減らすと考えたとき、「一番最初に肌につけるものは化粧水」であると考える方が多いと思います。

もちろん、化粧水やその他の保湿化粧品もなるべく無添加で肌に優しいものが理想です。

しかしその前の段階で、
クレンジングや洗顔石鹸で余計な刺激や負担を与えてしまっていないか、注意してみることをおすすめします。

保湿で美容成分を与える事も大事ですが、新陳代謝によって肌の健康を守るために皮膚から分泌された皮脂を奪い過ぎない方が、化粧品で与える成分より「超天然」です。
自分の体内から分泌されたものですから。

添加物を減らし、なるべく本来の自然の状態のものを使っていくことは、肌のためにも健康を維持していくためにも大切でスキンケア効果も実は高い気がしています。

念入りなケアで、奪い過ぎ・与え過ぎで肌を弱めてしまうよりも、奪い過ぎず・肌本来の力を取り戻す。少し甘やかさないスキンケアの方が、肌にとって優しいんじゃないかと考えるようになったことが、私自身トラブルが減るきっかけになったと感じています。

時間はかかるけど、続けてみる価値あると思いますよ♪